ムシバイという商品はご存知でしょうか?
ムシバイは小さなお子さんを持つ家庭で使用されている口腔ケアチュアブルで、子供の歯磨きや虫歯予防で悩んでいるお母さん達に絶大な支持を得ている商品です。

「どうしてそこまで?」と不思議なくらいに子どもは歯みがきを嫌がりますよね。大人も寝る前の子供の歯みがきを見届けるのは疲れるだけじゃなくて、ストレスもいっぱい。

こんな問題から解放されたい!!そんな時の救世主が「ムシバイ」なんです。

しかしこの「ムシバイ」、歯周菌や歯磨きの習慣化が出来るようになるのは嬉しいですが副作用があったらちょっと不安ですよね。そこで、今回の記事ではムシバイの効果と安全性に関してご紹介していきます。

ムシバイの配合成分から効果を徹底調査

まずはムシバイに含まれる配合成分が具体的にどのような成分が配合されていて、どんな効果が期待できるのか検証し、解析してみました。

配合成分が安全なものと分かれば、副作用に関しても考えずらくなりますね。

ヒト由来のクリスパタス菌KT-11を含んでおり口内環境が整えれる

クリスパタス菌は、IgGやラクトフェリンに並ぶ、赤ちゃんが母親からもらう免疫成分の1つです。つまり最初に受ける乳酸菌が、クリスパタス菌なのです。KT-11は、加齢とともに減少するクリスパタス菌を補える唯一の素材です。この菌によって口の中の善玉菌を優位にして、結果歯周菌や口内環境の働きを整えることが出来ます。

PS-B1で口内環境を整えることが出来る

ムシバイに含まれるPS-B1も、口の中にいる善玉菌の働きを助け、口内環境を整える働きがあります。

厳しい品質基準をクリアしたGMP認証工場で製造

GMPとは厚生労働省が示したガイドラインに基づき、適正な製品の品質と安全性を確保するための基準です。
この基準がしっかり守られているため、適切な品質管理、製造管理が行われています。

日本ならではの「品質へのこだわり」がここにも表れています。

乳アレルギーでも利用できる

ムシバイにはPS-B1という特許成分が入っています。このPS-B1という成分、実は口内の善玉菌の動きを補助して口内環境を安定する働きがあります。
ムシバイに配合されているPS-B1は大豆原料を使って培養した特許成分なので、乳アレルギーのお子さんでも安心して食べることが出来ます。

ヨーグルト風味のため食べやすい

ヨーグルトがお好きなお子さんも多いかと思います。
健康のためにもヨーグルトは良いですよね。「ヨーグルト味なら!!」ということで、子供が進んで歯磨きを行ってくれるので習慣化出来ます。

大人も安心して利用できる

ムシバイは大人の口内環境を整えることにも利用できます。というのは、大人の虫歯菌が子供に移ってしまうことはよくあることなのだそうで。子供の虫歯予防や歯磨きの習慣づけに使用するだけではなく、大人も一緒に食べて口内ケアできるところは非常に魅力的です。

ムシバイに副作用はあるのか?

様々な効果が期待できる「ムシバイ」ですが、子供の口に入るものなので副作用などは気になりますよね。

しかし、現在「ムシバイ」を利用した副作用は見つかっていません。

それもそのはず。子供が毎日口にするものなので、体に優しい成分だけしか入っていません。

フッ化ナトリウム、ラベン、ポリエチレングリコール、糖類、グルテン、グリセリン、牛乳アレルゲン、漂白剤、界面活性剤、合成調味料、合成保存料、合成着色料、発泡剤、殺菌剤などは一切入っていません。

これが副作用が見つからない理由でもあります。安心して使用できますよね。

効果はバツグン!ムシバイを購入するなら公式サイトが一番お得

様々な効果が期待できるムシバイですが、楽天やAmazonでの取り扱いはなく公式サイトのみの販売となっています。

しかし、この公式サイトでの購入がビックリするぐらい安いんです!!

では、どれくらいお得に購入できるかというと定価7,980円が初回限定で87%OFF の980円(税別)で購入出来ます。送料も全国無料です。

 

ムシバイは通販限定で公式サイトで販売されていますが、解約に関しても電話1本。定期コースでも縛りがないので、いつでも解約できて安心です。
まずはお試しで一回購入される方にも非常におすすめです。

まとめ

今回の記事ではムシバイの効果や副作用に関してご紹介しました。様々な効果が期待できるムシバイは小さな子供から大人まで副作用の心配なく使うことができる商品だということがわかりました。

実際に使い始めて歯磨きをするのが楽しみになった子や、毎日しっかり歯磨きをするようになった子もいるので、歯磨きに関して悩んでいるママはぜひムシバイを試して見る価値ありです!

→ムシバイ公式サイト